幼稚園バスジャックとダムに毒薬

今週木曜日発売のマーヴルvsカプコン3の販促も兼ねてか、先週配信のPSアーカイブスにカプコンの対戦格闘ゲームが多数あり、その中にカルトな人気を誇る(?)世にも珍しいロボ格ゲー「サイバーボッツ」もあったので早速DLしてきました。

サイバーボッ!

今回のアプデからPSアーカイブスゲームのスクショが撮れるようになったのが地味に嬉しい(以前に配信されたタイトルは未対応なのが残念)

脅威のドット絵

時代の流れというかPS移殖版とはいえサイバーボッツを携帯ゲーム機で遊べる日がくるとは…感無量。アケ稼働当時必死に遊んでいた自分が見たらなんて言うだろうなぁw

もともとサイバーボッツは稼働当初から一部のコアなメカ好きゲーマーしか遊んでいなかった印象がありましたが、家庭用移殖に関しては何故か妙にチカラが入っていたのが印象的。カプコンにしては珍しく一人プレイのストーリーデモも充実しており、移殖版は無駄に豪華な声優が声を当てていたり、CPU専用のキャラにストーリーデモ追加がされていたり。

当時はストZEROにヴァンパイアハンターと完全に同じ会社のゲームに喰われてしまっていた印象があっただけに家庭用移殖の充実ぶりは本当に意外というか嬉しい誤算でした。サターン版の限定BOXを発売日に購入したのも良い思い出(直ぐ値引きされちゃったケド)
今回配信されたPS版はハードの制約上若干のアニメパターン削除や違いはあるもののPSの性能を考えれば良くできた移植だと思います。

ワーロックは新規ドット

それにしてもPSPの綺麗な液晶で改めてボッツの画面を見ると、その驚異的なドット絵に手間を考えただけでクラッときますね。今これだけのドット絵のゲームを作れといわれてもまず無理だろうなぁ。一応パワードギアからドット絵を流用しているとはいえ、とんでもなく手間の掛かっているグラフィックです。それだけに開発者も移植にチカラが入ったのかなぁ

マ、マリーさん…!?

家庭用追加シナリオの中ではデビロット姫一味のシナリオがはっちゃけすぎで大変腹筋に悪いです。デビロットだけでなく他のキャラやナレーションまでこのシナリオだけノリが違っていて吹くw
追加キャラのシナリオはVA(操作するロボのこと)が固定ですがデビロット姫のスーパー8はCPU戦が1、2を争う程簡単(ウェポンと↓↑A2をてきとーに振り回すダケでOK)なのでオススメ。

一応古いゲームなので隠し機体のアンロックをメモっておくと、
1.追加キャラ3体(千代丸、シェイド、デビロット)でクリアする
2.クリアしたキャラは機体選択が自由にできるようになる
3.追加キャラ3体クリアでワーロックがアンロック
4.ワーロックを使ってクリアで零豪鬼アンロック
…メモるほどでもなかったかな…

今作はコアな層にしか受けなかったため商業的にはあまり成功したとは言えなかったものの開発者の愛情は深いゲームでした。キャラクターデザインの西村キヌ氏もボッツのキャラデザは大変お気に入りだったらしく、その後マヴカプにジン・サオトメが出演していたりします。特にデビロット姫は今でも人気が高く色んなトコに顔を出しており出自のゲームより知名度が高いという始末。

デビロットセクシーショット

また何かしらのカタチでボッツのキャラやメカが活躍してくれる事を期待しつつマヴカプ3の発売を待っていようと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まけいぬ

Author:まけいぬ
メールはmakeinu_saraleeあっとまーくyahoo.co.jpへどーぞ
最近はTwitterに偏り気味、IDは@makeinu_saraleeです。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
Twitter
ゲーマーカード
FC2カウンター
カテゴリ
アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード