さんじゅっさい(焦)

表紙の白井さんがエロス

ハナムラさんじゅっさい第1巻がアマゾンから届いたヨー。間違ってもハナムラさん十歳ではないのでそこんとこ気をつけよう!(最初タイトル見たとき本気で十歳が主人公の漫画だと思ってた)
この漫画は週刊少年マンガ誌で連載を目指すマンガ家ハナムラ氏による半実録マンガ。メジャー少年誌の新人賞に入選するも連載がなかなか取れず気づけば30歳目前でさあどうする?というなんだか身につまされるような内容w

漫画家漫画というモノは自分がちょっと思い出しただけでも吉田戦車の子育て漫画や森真理のダンナ(村枝賢一)観察漫画、田丸浩史の濃い友人との下ネタ乱舞漫画等々結構ありますが、連載が決まっている、もしくは連載を何度も経験した漫画家のモノがほとんどで連載が取れていない漫画家の実録漫画というのは非常に珍しいです。まぁ普通に考えればそりゃそうか。

では何故そんな特殊な漫画家漫画が単行本で刊行されたかというと、実はこの漫画はハナムラ氏本人がpixivで趣味的に始めたWEB漫画で、連載を続けるうちに話題になりWEBコミックサイト「漫画街」で正式に連載されるようになりとうとう単行本にまでなっちゃった、というシンデレラ?ストーリー。
自分もpixivで連載していた頃から楽しく読ませてもらっていたのですが連載決定→単行本化の流れは漫画みたいな話だな、と思いましたw

実際に読んでみるとわかりますが絵や漫画としてのクオリティーは本当に高く、「ハナムラさんじゅっさい」も非常に面白かったので「なんでデビューできないんだろ?」と思っていたのですが…アマゾンの商品説明にも「惜しい漫画家」とか書かれてるしw

内容もこれぞ漫画家の漫画、というかそもそも他の実録漫画は基本漫画家のプライベートを面白おかしく描いたものがほとんどで、仕事=漫画の事に関してはあまりネタにされていなかっただけに漫画家という仕事に対しての苦悩や焦燥感などなかなか興味深い内容も多いです。

好きこそ物の上手なれ

現在単行本はWEB通販のみの流通のなっているので今のところアマゾンで買うのが一番お手軽ではないかと。
pixivでも漫画街で連載が決まる前までの15話までは読めますので興味ある方は読んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まけいぬ

Author:まけいぬ
メールはmakeinu_saraleeあっとまーくyahoo.co.jpへどーぞ
最近はTwitterに偏り気味、IDは@makeinu_saraleeです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
Twitter
ゲーマーカード
FC2カウンター
カテゴリ
アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード