FC2ブログ

厚着させて夜逃げかい

narrative04.jpg

「あれ?なんていうかこう…やせっぽちだな」

HGUCナラティブガンダムC装備完成しました。
最近ひとつのプラモを完成させるのにちょっと時間をかけすぎている感があったので、今回は出来るだけ面倒な作業工程をすっ飛ばしてお手軽かつ簡単に完成させることを目標に作ってみました。

narrative02.jpgnarrative05.jpg

まず今回の制作で行った作業は

・ゲート跡とパーティングラインの処理
・アンテナのシャープ化
・盾裏ミサイルの肉抜き埋め
・一部足りない色を部分塗装
・一部スジボリとスミ入れ
・モデグラの作例を参考にデカール貼り
・缶スプレーによるつや消し


逆に今回やらなかった作業は

・ヒケやエッジの処理
・合わせ目消し
・全塗装


いわゆる成型色仕上げの簡単フィニッシュというやつで、パーツ分割の時点で色分けがほぼできているガンプラならではの制作方法です。

narrative03.jpgnarrative06.jpg

当初の予定では高価な工具のエアブラシやタガネも使用しない方向で進めていたのですが、スミ入れする段階でやっぱりスジボリしてないとスミがちゃんと流れないなあ…って事で結局タガネでスジボリしました。
それでも出来るだけ手を抜いてみようと彫る場所は最低限で使うタガネも普段の0.075mmではなく0.2mmでおおざっぱに彫ったのですが、結果としてスミ入れが汚くなってしまったのでコレは失敗だったかなぁと。スジボリは手を抜いちゃ駄目ですね…

narrative08.jpgnarrative09.jpg

またC装備の特徴であるサイコフレームのクリアパーツはランナー状態で裏側からエアブラシでプレミアムミラークロームを吹きました。高価な工具を使わないとは一体何だったのか。
まあコレはサイコフレームはそもそも不透明の金属が発光しているという設定なので、裏が透けて見えないようにする為なのと反射率を高めるのが目的…というか、ぶっちゃけただ単にやってみたかっただけなので仕方ないですね!

narrative07.jpgnarrative10.jpg

個人的な好みでV字アンテナを黄橙色に、バックパックと腰のバーニアを黒鉄色に塗装。ライフルも軟プラ製で質感が微妙だったのでファントムグレーで塗装しました。このへんは缶スプレーが余ってたからというのもありますが。
あとは股関節が軸移動ギミック&軟プラ製で強度に不安があったのでシアノンで補強しました。

narrative11.jpg

今回の制作でナラティブガンダムを買ってきた理由ですが、まだ新しい作品で機体にそこまで思い入れが深くないので実験的な制作に向いていたというのと、単純にキットの出来が良さそうだったからです。
実はHGUCナラティブは劇中や作画用設定画にはあまり似てないんですよね。どちらかというと小顔足長なカトキ画に近い造形をしています。
このへん賛否ありそうですが、個人的にはHGでここまでカトキ風のピーキーなバランスが再現できるのか~と関心しました。
特に顔なんて円盤のパッケに描かれたカトキ画そっくりでカッコイイですよこれ(マスクの頬は少し削りました)

narrative01.jpg

本音を言うとC装備よりB装備のほうが好きなんですが、B装備で組む場合バカデカイA装備のキットプレバン限定のB装備オプションを購入する必要がありちょっと敷居が高いのでC装備にしましたw

それにしても塗装しなくてもそれなりに出来上がるガンプラの凄さとお手軽さを改めて実感。今回の制作時間はだいたい1カ月弱といったところなので、さほどキットに不満が無い場合はこの制作方法でぱぱっと完成させちゃうのも良いかもしれません。
まあこれからしばらくはPS4でサムスピ遊んでる予定ですけどね!その間にまた無駄に積みプラ増やさないよう気をつけないとな…気をつけてどうにかなるモノでは無いけど!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まけいぬ

Author:まけいぬ
メールはmakeinu_saraleeあっとまーくyahoo.co.jpへどーぞ
最近はTwitterに偏り気味、IDは@makeinu_saraleeです。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
Twitter
FC2カウンター
カテゴリ
アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード