FC2ブログ

オイル満タンガンバルデー

galbaldy01.jpg

昨年末にガズRガズLの予行演習的に軽く作ってみようと始めたHGUCガルバルディβですが、気がついたら割とガッツリやっちゃってもう2体分同じ工作する気力ないよ…
というワケでプレバンから届いたガズRガズLを積んでここ二ヶ月ほどガルバルディβ作ってました。

galbaldy02.jpg

とりあえず組んでみたところ近年のガンプラらしく成型色による色分けに合わせ目がほとんど出ないパーツ分け、柔プラを駆使した単純な構造ながら広い可動範囲と非常に良くできたキットです。

ただ頭部の造形がどーにも設定画とも劇中のイメージとも似ていない…幅広にアレンジされておりゲルググ顔というよりザク顔に近いカンジ。

galbaldy03.jpggalbaldy04.jpg

というワケで頭部を早速改造。クチバシを中心にプラ板やシアノンで形を変更、頬もちょっと削り込んでパイプ位置も調整して中央に寄せました。モノアイは可動化ついでに位置を少し上げて目つきを悪くし、Hアイズに変更。裏に十字のスジボリをしたのですがこれが地味に面倒だった…

galbaldy05.jpggalbaldy06.jpg

このキットの不満点の8割は頭部の造形だったので、ココさえ修正したら後は大体キットのままでも良いかなあ…と思ったのですが、どーせここまでやったら全塗装しかないので他の細かい部分にもちょいちょい手を入れる事にしました(そしてドツボにハマるいつものパターン)

galbaldy07.jpggalbaldy08.jpg

まず襟の前部分だけが頭部可動域確保のためか低いので設定画通りに延長、逆に肩のサーベルラックカバーは削って低くしました。このへんはHJの作例を参考にしてます。
腰が妙に細く感じたので2mmほど幅増し。手首も大きめのほうがガルバルディらしいかなとビルドナックルのLサイズを使用。結果ジオン系らしい(連邦MSだけど)ガッシリドッシリしたプロポーションになったと思います。

galbaldy09.jpg

差替えたビルドナックルは親指が埋まっているし側面のモールドも浅いし手甲はブ厚くてヤボったいしで、納得するカタチになるまでえらく面倒な加工をしました。ガンプラはもうちょっと手首の造形を頑張ってほしい…ジム改の手首は良く出来てたんだけどなあ

galbaldy10.jpg

あとはチラ見えする肘の内側を埋めたり、バックパックの省略されたディテールを追加したりと細かい部分を処理。
HGのガンプラはコストや厳しい自社安全基準の関係なのか、肉抜きバンダイエッジなどのあえて作られた“隙”(と言って良いのか)があるので、そのあたりの処理を始めると結構手間がかかりますよね…

galbaldy11.jpg

残るは下半身の処理のみ。足裏の肉抜き埋めが意外と面倒ですが、シンプルなデザインなので暖かくなる頃には完成させられるといいなぁ、と思いつつのんびり作ろうと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まけいぬ

Author:まけいぬ
メールはmakeinu_saraleeあっとまーくyahoo.co.jpへどーぞ
最近はTwitterに偏り気味、IDは@makeinu_saraleeです。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
Twitter
FC2カウンター
カテゴリ
アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード