FC2ブログ

怒りに燃えてうずくまる者

戦え棒人間

ガンダムバーサスのトロフィーも無事コンプして一区切りついたトコロで今回はちょっと軽めのゲーム「Nidhogg」をご紹介。
STEAM・PS4・PSVITAでDL販売中のこのゲーム、内容は雑なドットの割にヌルヌル動く棒人間を操り敵陣の最奥地目指して殺し合いをする対戦ゲームです。
基本的に棒人間は一撃死するのでサクサク死にまくりますが、死んでも次のヤツ頑張れと言わんばかりに次々と替わりの棒人間が補給されてはブッ殺したりブッ殺されたりする命の重さが羽根より軽い世界観が最高にクレイジー(褒め言葉)
 
殺される為に殺す

グラフィックと世界観がマッポー極まっており見た目は完全にネタゲーですが、いざ対戦をはじめてみると簡単な操作でアツイ駆け引きが楽しめる良質の対戦ゲームです。
テンポが早くサクッと勝負がつく事もあれば、一進一退の長期戦になったりと時間を忘れてついつい対戦に熱中することうけあい。
このへんは動画で見たり実際にゲームを遊んでみれば楽しさが判ると思います。

で、この棒人間達は何が目的で命を賭けて殺し合いしているのかというと、敵陣最奥に居るNidhogg様の生贄になる権利というなかなかアバンギャルドな内容。ま、まあアステカ文明なんかでも生贄は名誉ある事だったみたいだし…
ゲームのタイトルにもなっているこのNidhogg(ニーズヘッグと読むらしい)というのは古ノルド語で「怒りに燃えてうずくまる者」「嘲笑する虐殺者」「恐ろしき咬む者」という意味を持つ北欧神話の蛇の王、もしくは黒い龍の事らしいです。なんかこう書くと凄い存在っぽく聞こえるし生贄になるのも名誉に感じられてくるかも…


というワケでこのゲームのラストに登場するNidhogg様がコチラ

魚肉ソーセージ様

このトマトソースととんがりコーンぶちまけた魚肉ソーセージカリッというスナック菓子のような効果音と共に喰われる棒人間を見ると、勝利の余韻に浸る間もなく生命とは何ぞという哲学的な疑問が頭に浮かびますね浮かびません

あ、このゲームフザけたグラフィックと世界観とは裏腹にBGMはめっちゃカッコイイです。いやマジで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まけいぬ

Author:まけいぬ
メールはmakeinu_saraleeあっとまーくyahoo.co.jpへどーぞ
最近はTwitterに偏り気味、IDは@makeinu_saraleeです。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
Twitter
FC2カウンター
カテゴリ
アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード