ライトニングリターンズ

※画像とネタ内容は関係ありません

しまむらFF13の話ではなくガンプラのお話。
昨年発売時に購入してあったHGBFライトニングガンダムですが、マスク部分をちょこっと弄ったダケで放置状態だったものを、年末年始のお絵描きも終わったので年明けから製作を再開してました。

合わせ目処理中

マスクは結局複製してアゴの形状を変えたものを使う事にしたので、本体色のライトブルーは全塗装ケッテイ。赤と黄もパーツ数が少なく合体変形してもあまり干渉しない部分ぽいから塗っても良いかしらん。グレーと濃いブルー部分は成型色仕上げの予定。

そんなワケで合わせ目処理からやっていますが、最近のガンプラはHGでも合わせ目が出ないor目立たない位置になっていたりするので、ほぼ全てのパーツで合わせ目処理してた1/60パトレイバーシリーズに比べるとすごく楽ちん
本体はヘルメットと肩上部、左腕ビームバルカン部くらいしか合わせ目が出ません、スバラシー。
ただ武器は相変わらずのモナカ割りなので、長くて複雑なライトニングのライフルだと結構大変。ココだけはあんま進化(変化?)しないなぁ。

ライトニングスカートめくり

妙に長いリアスカートがポーズをつける時に干渉しまくるというレビューが多数あったので、リアスカートを可動化。腰裏のハードポイントを潰したくなかったので本体側にジョイントを仕込んで疑似引出関節っぽくしました。コレでケツの穴を保護しつつスカートめくり出来る様になったよ!(誤解を招く言い回し)
あとリアスカートの裏が正面からも割と見えてしまうっぽいので、申し訳程度にモールドを入れたプラ板で蓋をする予定。
各所にあるハードポイントは基本的に活かす方向でいきたいと思っていますが、フロントスカート部だけは貫通しちゃっていかにも穴!という感じがキツイので、使用しないときは塞ぐように蓋パーツを自作。一応取り外せるようにしたけど塗装したら抜けなくなりそうなヨカン。

ライトニング肉抜き埋め

足裏やスネの内側、足首関節の他にチンコフロントスカート中央の肉抜き穴も思ったより豪快で目立つのでエポパテで埋めました。どうもHi-νあたりからHGは肉抜き穴が目立つ様になった気が…
それと足首裏のバーニアがちょっとのっぺりした造形だったので、ココは市販のバーニアパーツでディテールアップしたいです。

地味に面倒なパーツ

そして個人的にこのキットで一番メンドイというか手間のかかるパーツだと思うのが肩のウイング?っぽいパーツ。内側にバーニアの造形があるんですが、抜きの関係で妙な形になっている上に肉抜きもあるし、ヤスリも入れにくい割に結構目立つ場所なので困る。部分塗装派にしても濃い青のパーツに黄色で塗らないといけないし、全塗装派でも後ハメ加工で保持力に不安が出るパーツ構成だったりでとにかくトホホ。このバーニアだけは別パーツにして欲しかったなあ

とりあえず弄るのはこれくらいかな?新素材の柔らかプラ関節に不安があったのですが、実物を触ってみるとなるほどABS関節より良さげなカンジ。今回はやらないけど塗装とか大丈夫なのかな?バンダイはポリ関節の保持力といい関節まわりの精度が異常なので是非とも関節ジョイントなどのマテリアルを出して欲しいです、割と本気で。

あとはLBWSmk-2が出る前に本体だけでも完成させたいトコですが…ぶっちゃけ無理そう。つうか一緒に買ったLBWSどーしよ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まけいぬ

Author:まけいぬ
メールはmakeinu_saraleeあっとまーくyahoo.co.jpへどーぞ
最近はTwitterに偏り気味、IDは@makeinu_saraleeです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
Twitter
ゲーマーカード
FC2カウンター
カテゴリ
アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード