コレがアメリカンmoe

米国moe!

国内でも極一部で評判だった「Mighty Switch Force!」がついに待望のローカライズ!とのことで早速ニンテンドーeショップからDLして遊んでみました。
開発は米国のデベロッパー「WayForward」ハテ?あまり聞いたコト無いなと調べたらDSの「魂斗羅 Dual Spirits」など横スクロールアクションを中心に手掛けているトコらしく結構実績のある開発みたいです。

なつかしい横スク

脱獄した凶悪な犯罪者(ただし萌えキャラ5姉妹)を捕まえるために、主人公モニカ・ワゴン(やっぱり萌えキャラ)は次元を“スイッチ”したり、ペレットガンを駆使して平和を守る任務を遂行する!
基本は昔なつかしの横スクロールジャンプアクションですが、モニカの頭にあるパトランプが「ピポ」っと光るとステージのアクティブなブロックが入れ替えられ、足場を切り替えたり、離れた敵を押し出して倒したりできます。

ドット絵職人魂

本作はこの「スイッチ」がキモのパズル要素の強いアクションゲームでして、単純に判定がオンオフするブロックの他に、重なった状態でオンにすると特定の方向に射出されるブロックや、上に乗った状態だとロックされてスイッチされないブロックなどがあり、なかなか考えさせられる楽しさがあります。
ペレットガンによる攻撃もありますが、あくまで補助的なもので、銃で倒せない敵はオフになっているブロックに重なった瞬間オンにして画面の手前に吹き飛ばして倒す、という手段は3DSの立体視も効果的に使った面白いアイディア。
離れた敵や壁の向こうにいる敵も倒せるので、得意げになってオリャーとスイッチしたら自分もブロックに重なっていて吹っ飛ばされたり、うっかり足場が消えて針床に落っこちたりとマヌケな自分に悶絶するプチ羞恥プレイ状態も味わえる事うけあい。

わりとアクションより

攻略法さえ判ればそれほど複雑なパズル要素は無いので、どちらかというとジャンプやスイッチするタイミングのほうが重要だったような気がします。後半は割とアクション重視かな?
とはいえ難易度はそれほど難しいものでもなく、全16ステージ&ボーナス5ステージを設定された目標タイムもクリアするまでにかかった時間はだいたい6~7時間程度。ちょっとボリュームが少ないような気がしないでもないですが、500円という値段設定と1日1ステージ程度に気軽に楽しめる事を考えれば十分かなー。

あざといデモ絵

小気味良く動くドット絵ノリの良い軽快なBGMはどちらも非常に高いレベルで完成されており、SFC時代のような横スクロールアクションが好きな人にはたまらないゲームじゃないでしょうか。
てか開発はアメリカなのに、日本の萌えキャラのようなディフォルメ絵にはちょっとしたカルチャーショックを受けたような受けないような、まだどこかアカ抜けないカンジもあるけど、むしろソコが良いのではないかグフフというかナンというかなんかモー

とりあえず、素晴らしい良作を世に送り出してくれたWayForwardとローカライズしてくれたインターグローには感謝!でも国内版のロゴデザインはもうちょっとどうにかならなかったんですかね!すごいやっつけ感がハンパ無いよ!
次に予定されている「シャンティ-リスキィ・ブーツの逆襲-」にも期待したいと思います

程よいディフォルメ

マイティー スイッチ フォース!
■対応機種:ニンテンドー3DSダウンロード専用■ジャンル:横スクロールパズルアクション■配信元:インターグロー■開発会社:WayForward(http://game.intergrow.jp/msf/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まけいぬ

Author:まけいぬ
メールはmakeinu_saraleeあっとまーくyahoo.co.jpへどーぞ
最近はTwitterに偏り気味、IDは@makeinu_saraleeです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
Twitter
ゲーマーカード
FC2カウンター
カテゴリ
アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード