まさに超絶有頂天倫理委員会

警察って大変な仕事だなぁ

前々から気にはなっていたものの発売日がUMvsC3と被っていたためスルーしていた「セインツロウ ザ・サード」http://www.saintsrow.jp/)を2ヶ月遅れで買ってきました。このセインツロウシリーズ、身も蓋も無い言い方をすればGTAを模倣したゲームなのですが、本家GTAがHD化に伴いリアル寄りになったのに対し、セインツはあくまでゲームとしてのレスポンスを重視。両方を遊んだ人からは「GTAよりGTAしているゲーム」というナンとも皮肉な好評価を得たシリーズです。
 
リアリティとか食ったことないッス

セインツシリーズの目玉とも言うべき特徴としてキャラクタークリエイトがあります。昨今のゲームではキャラクリ機能自体それほど目新しいモノでは無いのですがセインツのキャラクリの自由度はとにかくハンパない。最近キャラクリの自由度で話題になったPSO2と比べても顔だけなら完全に超えてます。顔パーツのカタチや大きさ、位置などは勿論のこと、二重アゴの設定や頬肉のたるみ方、年齢によるシワの深さまで設定できるこだわりっぷり。更にデフォでボイスに「ゾンビ声」が用意されているように人間やめる事もできます。ストーリーデモではコミュニケーションをとるゾンビという実に狂った展開がイカス。

ゾンビも造れます

他に変わった機能としてアピールポイントという項目があり、この数字を大きくすると女性ならバストが、男性なら股間が膨らみます。もうこの時点でこのゲームの方向性が良くわかるw
とにかく細かく設定できるので有名人や海外向けの濃い~顔から日本人向けのカワイイ顔までナンでも作れます。ただしリアル寄りのクリエイトなので萌えキャラっぽい造型はどうしても不気味に…まあ仕方ないですね。

すっきり顔の女ボスも造ってみたよ

キャラクリはゲーム途中でもかなり早い段階から再調整が可能(性別も可)で服やタトゥーショップなども最初から開放されており、キャラクリを楽しみながらゲームを進められるのはキャラクリ好きとしては非常にありがたかったです。
またキャラクリが出来るゲームにしては珍しく自キャラが結構しゃべりまくるので自分が作ったキャラがデモシーンで活躍するのを見るのはナカナカ快感。英語の声優さんの演技も上手でついついストーリーを進めたくなります。ストーリー展開的に男ボスのほうがしっくりくる内容ではあるのですが、女ボスにするといちいち反応がカワイイので男ボスで遊んでいる人も一度女ボスで遊んでみるのをオススメしますw実は萌えゲーなんじゃなかろうかという気分になれるよ!

女ボスいわく「そそる」格好のデッカーズさん

このようにキャラクリを楽しんでね!といわんばかりの内容ですが、他にもTHQ公式サイトでIDを取得(無料)することによって自分のキャラをアップロードできたり、他人のキャラをダウンロードしてゲーム本編で使ってみたり、スクリーンショットをアップロードできたりします。こういう試みは大変面白いのですが、いかんせん公式サイトが日本人には非常に分かり難かったり(エキサイト翻訳みたいな日本語表示はある)サイトそのものが異常に重かったりと日本販売部門のやる気の無さがモロに出ているのが非常に残念な部分ではあります。これでもセインツは国内で珍しく黒字を出したタイトルなのですが…というかTHQジャパン事務所閉鎖て、大丈夫かTHQ

さて、また長くなりそうなのでゲーム内容に関しては次回に続く(またか)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まけいぬ

Author:まけいぬ
メールはmakeinu_saraleeあっとまーくyahoo.co.jpへどーぞ
最近はTwitterに偏り気味、IDは@makeinu_saraleeです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
Twitter
ゲーマーカード
FC2カウンター
カテゴリ
アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード