ブロディアパンチ!

カモンブロディア!

RIOBOT ブロディア
価格10,290円(税込) 発売時期:2013年7発売
サイズ:全長 約140mm
素材:ABS、PA、ダイキャスト
パーツ:ブロディア本体、台座、シールド、ビット、可動指ハンドパーツ×2

まさかのサイバーボッツからブロディアの立体物が商品化!いやー長生きはしてみるモンですなあ。サイバーボッツが稼動していた時もガレキでもいいから立体化しないかなーと妄想していたモノですがまさかマスプロ商品化とはつくづく良い時代になったものです。
ただダイキャストを使った完成品トイだからかHGUCサイズで定価1万超の値段には流石にちょっとだけ躊躇しましたけど。とはいえブロディアの立体物なんて他にはカプセルトイくらいだし、完成品トイはプラモと違って滅多な事では再販なども無いのでポチッときました。プロシュートの兄貴も「ポチッた」なら使っても良いと言ってたし。
あと、なんでもブロディア系のバージョン機であるライオットまで原型が出てるとかナンとか…もしシリーズ化の予定あるならワーロックとか完全変形ヘリオンとかも欲しいわぁ
スポンサーサイト

俺はザンギ悪役だ!

見たことある顔がチラホラ

やはりゲーオタとしては観とかなきゃいかんかなあと思いまして、今更ですが話題のディズニー映画「シュガー・ラッシュ」をやっとこさ観てきました。
ディズニー映画なのにマリオのクッパストリートファーターのベガやザンギがカメオ出演する!という事で公開前から一部のゲームファンには話題になっていた映画ですが、いざ観てみるとコレがまた思っていた以上にしっかりと元ネタのキャラを再現していたというか、むしろ30代以上じゃなきゃワカんないだろ的なマニアックな小ネタが満載。日本のゲームキャラが大量に出演しているので80~90年代にゲームを楽しんだ人には堪らない内容だったかとw
まあザンギは悪役なのかという疑問に関してはお国柄の関係で昔はそうだったみたいで。

ストーリーの内容も子供向け映画によくある力任せな展開はほとんど無く、キチンとした伏線張りに回収といい年した大人(※自分)が観てもとても面白い映画でした。このへんは流石ディズニーアニメスタジオというべきか。
大人から子供まで万人向けの映画なので是非親子連れで観て貰いたい映画でした。というか30代のおっさんが一人で観に行くにはちょっと勇気が必要でしたよええ。
プロフィール

まけいぬ

Author:まけいぬ
メールはmakeinu_saraleeあっとまーくyahoo.co.jpへどーぞ
最近はTwitterに偏り気味、IDは@makeinu_saraleeです。

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
Twitter
ゲーマーカード
FC2カウンター
カテゴリ
アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード